紫外線が原因でできたシミを隠す

出来てしまったシミはすぐに改善することはできません。

そのため、しばらくはシミが出来た状態のまま生活をしなければいけないでしょう。

そこで重要なのが、しみの隠し方です。

普段はスキンケアでシミケアをしつつ、日中は化粧品などでしみを隠す。

少しずつではありますがシミは薄くなっていくので、次第にシミ隠しの化粧も薄くなっていくでしょう。

では、しみはどうやって隠せばよいのでしょうか。

大きなシミを隠す

肝斑などは、薄く広く大きなシミとなってしまいます。

このように大きなシミは、リキッドファンデーションのようなカバー力の高いもので、しっかりと隠すようにしましょう。

リキッドファンデーションは、一番最初に乗せた部分に一番しっかりと付着し浸透します。

そのため最初はシミが気になる部分から、少しずつトントンとスポンジで叩き込むように載せていってください。

カバー力が高いファンデーションを顔全体に伸ばすと厚塗りになってしまうので、気になる部分のみ、少量ずつ叩き込むように塗るのが重要です。

どうしても隠れない場合は、肌よりもワントーンくらいファンデーションを塗ることをおすすめします。

濃いシミの隠す

濃いシミはリキッドファンデーションだけではなかなか隠すことが出来ませんよね。

そのため、コンシーラーを使って隠すようにしましょう。

コンシーラーはファンデーションよりも厚塗り感が出てしまうので注意をしてください。

コンシーラーは固いテクスチャーの商品の方が、しっかりとカバーをすることが出来ます。

ファンデーションと同じように、少量ずつトントンと叩き込むように重ねていきましょう。

薄いシミを隠す

薄いシミはファンデーションでも十分隠すことが出来ます。

普段のファンデーションの後に、部分的にパウダーファンデーションをちょっと濃いめに重ねるだけでも十分隠れるでしょう。

全体を厚塗りではなく、気になる部分のみ重ね塗りをすることで崩れにくくしっかりとカバーをすることが出来ます。

ハイドロキノン配合ファンデーションで美白

シミを消すために欠かせないハイドロキノン。

最近は、ハイドロキノンが配合されたファンデーションも販売しているみたいですね。

ベースメイクにハイドロキノンが配合されていると、日中もシミ消し効果を実感でき早く効果を得られると思うでしょう。

しかし、注意をしてください。

ハイドロキノンはシミに絶大な効果を発揮するあまり、肌への負担も大きい成分なのです。

そのため日中ずっとハイドロキノンを肌につけていると、肌に負担がかかってしまう可能性が高いです。

そして、ハイドロキノンを使っていると紫外線のダメージを受けやすくなるので、普段以上に紫外線対策を行う必要があります。

もしハイドロキノンで美白をしたいのであれば、「ハイドロキノン配合ファンデーション」よりも普通のハイドロキノン配合スキンケアで美白対策を行った方が良いのではないでしょうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です