美白にはハイドロキノンは濃度が高い方が効果的?

美白に効果がある成分として、「ハイドロキノン」という成分を耳にしたことがある人は多いでしょう。

ハイドロキノンは、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成を抑えることができます。
メラニン色素を作り出してしまう細胞自体を減少させることもできるため、肌にシミやくすみができにくくなるのです。

そのため、ハイドロキノンは肌の漂白剤とまで呼ばれています。
実際に他の美白成分よりも効果が高いので、シミやくすみの治療としてハイドロキノンを処方している皮膚科は多いです。 皮膚科で処方してもらえるものと濃度は違ってきますが、ハイドロキノンが配合されている美白化粧品もあります。効率的に美白を目指すことができるハイドロキノンは、女性にとってはとても興味をそそるものですよね。

では、ハイドロキノンを利用して美白ケアをするなら、どのぐらいの濃度のハイドロキノンを選んだら良いのでしょうか?

ハイドロキノンは、皮膚科で処方してもらうことや市販のクリームを購入することで手に入れられます。

市販で売られているハイドロキノンクリームは、1パーセントから5パーセントほどの濃度のものが多いです。

濃度が高い方が効果的であるように感じますが、それなりに副作用を引き起こしてしまう可能性も高まります。
逆に、濃度が低ければ安全に使用することができますが、美白効果を実感するまでに時間がかかってしまうかもしれません。 ハイドロキノンを安全に使用するには、濃度が1パーセントから3パーセントの化粧品を選びましょう。肌に与える刺激が少なく安全に使用できますが、その分効果も低くなります。 時間をかけて少しずつ美白を目指していこうと考えている人なら、1パーセントから3パーセントの濃度のハイドロキノンで十分でしょう。 濃度が4パーセントから5パーセント以上になると、肌にピリピリとした刺激を感じることがあります。副作用として肌に炎症や赤みを引き起こしてしまうこともあり、安全に使用できるとは言いにくい濃度です。

また、メラニン色素を生成できなくなってしまった部分の肌白く変色してしまう「白斑」になってしまう可能性もあります。

濃度が4パーセント以下のハイドロキノンであれば白斑の症状は起きないと言われているので、効果を求めるあまり濃度が高いハイドロキノンを使用し続けてしまわないように気を付けましょう。

ハイドロキノンを安全に使用して、シミ・くすみのない美白を目指していきたいですね。

皮膚科で処方されるものと市販のハイドロキノンの違い

美白に効果があると言われているハイドロキノンは、皮膚科で処方してもらうことや市販で購入することで手に入れることができます。
では、皮膚科で処方されるハイドロキノンと市販で売られているハイドロキノンの違いは何なのでしょうか。

皮膚科と市販のハイドロキノンの違いを知って、より安全で効果が得られるほうを選びたいですね。 もともとハイドロキノンは、医療機関でのみ手に入れることができるものでした。しかし、2001年の薬事法改正により、市販でも購入できるようになりました。 皮膚科で処方されるハイドロキノンと市販で売られているハイドロキノンの違いは、安全性にあります。 皮膚科でハイドロキノンを処方されるときには、専門の医師に肌の状態をチェックしてもらっているため、自分の肌に合う濃度のハイドロキノンを処方してもらうことができます。

どのような肌質であるかということをチェックしたうえで処方してもらえるので、副作用を引き起こしてしまうことも少ないでしょう。
もしも肌に刺激を感じたときにはどのように対応したら良いのかということも聞いておけるので、安心して美白ケアを行うことができますね。

市販で売られているハイドロキノンは、商品によって配合されている濃度が違います。

濃度が低いものもあれば、美白効果を高めるために高濃度に配合されているものもあるでしょう。
ハイドロキノンの濃度が低いと、肌にあまり刺激を与えずに安全に使用することができます。

しかし、美白効果が出るまでに時間がかかりますし、濃度が低くても肌質によっては肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。
濃度が低いから安全だと自分で判断してしまうと、思わぬ肌荒れにつながってしまうのです。

また、ハイドロキノンの濃度が高いと、即効性はありますが副作用を引き起こす可能性も高まります。
ハイドロキノンの副作用としては、肌の炎症・赤み・白斑などがあり、肌を綺麗にするはずが逆に肌を傷めてしまうことがあるのです。

一般的に1パーセントから4パーセントの濃度であれば、白斑などの副作用は起きないと言われていますが、こればかりは人によって個人差があるものです。

皮膚科で診察してもらわずに、自分の判断で市販のハイドロキノンを購入してしまうと、思わぬ肌トラブルを招いてしまう危険性があるのです。
市販のハイドロキノンなら気軽に使い始めることができて便利ですが、できれば皮膚科できちんと診察を受けたいですね。

危険性はあるのか?

美白に高い効果があるハイドロキノンですが、危険性はあるのでしょうか?
効果が高い成分だと、副作用を引き起こしてしまう危険があるのではないかと心配ですよね。

ハイドロキノンは、濃度によって効果や肌への刺激が違ってきます。
安全に使用できる濃度を守ることで、副作用を起こさずに美白を目指したいですね。

ハイドロキノンは、低い濃度で使用していれば、副作用を引き起こす心配がありません。

一番良いのは皮膚科で診察を受けて処方してもらうことですが、市販で売られているハイドロキノンでも1パーセントから3パーセントの濃度であれば安全でしょう。
しかし、ハイドロキノンを使用する際の肌への刺激には個人差があります。

人によっては濃度が低くても肌荒れを起こしてしまうことがあるので、できれば自分の判断で使用を始めることは避けたいですね。
濃度が低いと効果を得るまでに時間がかかってしまいますが、肌荒れを起こして肌を傷めてしまうよりは良いでしょう。

無茶をして高濃度のハイドロキノンを使用せずに、肌の状態を見ながら少しずつ美白を目指していきましょう。 高濃度のハイドロキノンを使用すると、副作用を引き起こす危険性があります。ハイドロキノンの副作用としては、肌の炎症・赤み・白斑などがあります。 特に白斑は、一度できてしまうと治すことが難しい症状であると言われています。白斑とは、メラニン色素が正常に生成されなくなってしまった肌の一部が白く変色する症状で、現在の医療では綺麗に治すことができません。

肌の一部が変色していると、肌を出すときに気になってしまいますよね。
肌の悩みを増やしてしまうことがないように、自分の判断で高濃度のハイドロキノンを使用することは避けたいですね。

では、ハイドロキノンをより安全に使用するためには、どのようなことに注意したら良いのでしょうか?
ハイドロキノンを使用すると、肌が紫外線のダメージを受けやすい状態になってしまいます。

そのため、ハイドロキノンを使用している人は、紫外線対策をしっかりと行いましょう。
外出時には日焼け止めを塗るように心掛け、長袖や日傘などで紫外線をカットしましょう。

また、ハイドロキノンは熱と光に弱いので、開封後には冷暗所で保管するようにします。

ハイドロキノンを安全に使用できる期限は1ヶ月ほどなので、1ヶ月以上経ったハイドロキノンは使わないようにしましょう。

ハイドロキノンを安全に使用して、肌の状態を健康的に保ちながら美白を目指していきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です