脇の臭いはアルコール消毒で消える?実は危険なんです

結論から先に言うと、アルコールで臭いの改善はできるようですよ。

市販のデオドラントアイテムの中にはアルコールが含まれているものがたくさんありますからね。

特にワキガ独特の臭いというのは、アルコールを用いるとスッキリ解消されると言われています。

重度のワキガになるとクリニックでの治療が必要になります。

しかし、軽度のものでしたらアルコールを使って消せるということですね。

ただアルコールを脇の臭いの改善に使うにはデメリットもあるんです。

ですから、そのあたりは十分に注意していかないといけません。

脇の皮膚はとても薄く敏感

ワキガの臭いはアポクリン腺から出る汗が原因です。

そして、ミネラルやタンパク質や鉄分もいっしょに出てきていると考えられているんです。

臭いって、汗そのものが放出される瞬間に出るわけじゃないんです。

汗が空気に触れることで常在菌が集まるんですけど、

それが繁殖することによって臭いに繋がってしまうんですね。

アポクリン腺以外から出ている普通の汗ももちろん菌が繁殖します。

そうすれば、臭いの元になってしまうんです。

いずれにしても脇から出る臭いには雑菌の繁殖が大きく関わってきます。

それを解決することが臭い解消のポイントになってくるんですよね。

アルコールは除菌と殺菌ができます。

そういった臭いの原因になってしまう菌に強いアイテムなんですよね。

正しく使えば軽度のワキガをケアすることができるんです。

アルコールには濃さがあります。

使用するエタノールの濃度によっては肌を傷めてしまう恐れがあります。

ですから十分に注意を払いたいところですね。

肌に付けるアルコールは手の消毒用とされている既製品を使います。

さらに、自分で76.9~81.4%程度に調整するようにしたほうがいいでしょう。

これって難しいですけどね。

ちなみにアルコールをつけていても100%殺菌ができるわけではありません。

そのあたりは注意しておいたほうがいいですよ。

持続時間は3~4時間ほどです。

長時間の効果は見込めないというのも覚えておきたいポイントなんです。

一度発生した菌というのは洋服に付着します。

そして、体の別の場所に移ってしまうということも考えられるんです。

ですから、こまめにアルコールケアするのがいいですね。

敏感肌の人は使用を控える

アルコールがワキガや脇の臭い対策に効果的だというのは事実です。

しかし、肌が弱い人にとってはリスクが大きいんです。

脇の臭いケアのアイテムとして、アルコールだけに頼っているのも考えものです。

というのも、肌荒れなどを起こしやすくなってしまう可能性があるからです。

市販の保湿成分や美容成分がしっかり配合されたデオドラント商品ですが、臭いケアには効果を発揮してくれるでしょう。

ですから、アルコールだけでなく、こういった脇・肌にやさしいアイテムと併用することが肝心です。

アルコールは、何もケアするものがないときの秘密道具的に活用するのもアリですね。

やはり脇の肌は薄いですから、できるだけ刺激が少ないものを常用するのがおすすめなんです。

脇の臭いケアは成分に注意

アルコールには濃さがあります。

エタノールの濃度によっては肌を傷めてしまう恐れがあるんです。

ですから十分に注意を払いたいところですね。

肌に付けるアルコールは手の消毒用とされている既製品を使うのが得策ですよ。

暑い季節になると特に気になるのが脇の臭いです。

しっかりケアしているつもりであっても、いつの間にか怪しい臭いがしてくるという人もいるのではないでしょうか。

脇の臭いはアルコールで解消することができると評判です。

しかし、アルコールに頼るのは危険ですし、しっかりとした臭いケアに対応した成分に注意する必要があるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です