黒い肌を何とかしたい!日焼けした肌を早く白くする方法はある?

夏が終わるたびに腕や首に残った日焼けを見て「今年も紫外線対策を怠ってしまった・・・」と後悔してしまいます。

自分ではしっかりやったつもりでも、ちょっと洗濯物を干す、ごみを出す、そんな程度だとつい紫外線対策を全くせずに外に出てしまうことがほとんどです。

どうしても日焼けをしたくない美肌の持ち主たちは、どんな時でもしっかり日焼け止めを塗り、アームカバーにサングラス、帽子までかぶって外出します。

その手間をめんどくさいと思うのか、それとも日焼けから肌を守るためだと思えるのかによって違うのかもしれませんね。

今年もしっかり残った真っ黒な腕と、顔との境目がはっきりした首を何とか早く元の色に戻したいものです。

しかし、黒くなった肌はなかなか元の色には戻らず、一冬越して春くらいになると、なんとかもとに近づくかな・・・と言ったところ。

年々色が戻るのが遅くなっているのを感じています。

日焼けをした肌の色を漂白することはできませんので、自然に肌がターンオーバーを繰り返してくれるのを待つほかありません。

しかし、年齢と共にそのサイクルは長くなると言われているので、少しでもそれを正常にする方法があれば試してみたいと思いませんか?

 

日焼けした肌は秋のケアが大事

秋

私たちが肌のターンオーバーを気にするのは、紫外線によるシミやくすみを作りたくないからです。

ですから、それを手助けできる化粧品を使うのですが、腕や首などの場合はどうしたら良いのでしょうか?

もちろん、化粧水やクリーム、美容液を腕や首に使っても良いのですが、それに加えて体の中からターンオーバーを促すことが大切です。

例えば、ビタミン類を多く摂る、代謝を助ける亜鉛なども効果的です。

私は、今年の夏は意識してビタミンと亜鉛のサプリを摂取していたので、以前よりも肌がダメージを受けていない気がします。

どんなに良い成分の化粧品を使っても効果がないと嘆いている人が多いと思いますが、その効果を最大限に発揮させるためには、やはり体の中からのケアも同時に行う必要があるのかもしれません。

夏は暑さのせいで食欲も落ち、肌のケアも面倒になりがちですが、気候の良い秋は体のメンテナンスをするのに最適な季節ではないでしょうか?

美味しい季節の食材が増え、栄養価が高い果物も豊富に出回りますよね?

それらを上手に使って、夏のダメージを体の中からケアしてあげたいですね。

 

紫外線は肌だけではなく髪にも悪影響

秋になると抜け毛が急増する人が多くなると言われています。

びっくりするくらい早く排水溝が詰まったり、掃除をしたばかりなのい床に髪の毛が・・・このままでは剥げてしまうのではないかと思うほどです。

なぜ秋に抜け毛が増えるのか?

色々な説があり、夏の紫外線による頭皮のダメージや暑さによる体のダメージによるもの、動物的な冬に向けての脱毛などがあります。

はっきりしたことは分かりませんが、私は紫外線や暑さによる頭皮や体へのダメージが原因ではないかを思っています。

季節的な抜け毛は一時的なものなので、心配する必要がないと言いますが、それは若い人に限ったことで、やはり年齢と共に抜けた髪がまた生えるのは時間がかかるようです。

また、それがきっかけでそのまま薄毛に進行することも多いので、秋には頭皮ケアをしっかり行うことが大切です。

頭皮ケアと言っても難しいことではなく、シャンプーを見直したり、女性用に育毛剤を使うだけでかなり抜け毛の量が減ってきます。

また、最近は女性の抜け毛に効果があるサプリメントもあるので、体のから抜け毛ケアができます。

加齢によって髪が細くもろくなっていきますので、頭皮環境を整えることは一年中やるべきことなのかもしれませんね。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です